どんな時に送る?

フラワー電報は、送って良い日、送らない方が良い日といったことはありません。「おめでとう!」の気持ちはもちろん、「ありがとう!」、「大好き!」などといった気持ちを送りたいと思ったら、いつでも利用して良いものです。もちろん、遠方に住んでいる方に送ることも可能。たまには、サプライズで送ってあげるのも良いかもしれません。電報だけを送るのも良いですが、そこにお花が一緒にあれば、受け取った方は更に嬉しく感じるのではないでしょうか?

フラワー電報を受け取る方が若い方なら、かわいらしいピンクをベースにしたアレンジメントやリースなどもオススメ。受け取る方の好きな色を知っているなら、その色をベースにしたものを選んでみるのも良いでしょう。また、受け取る方が高齢の方や男性の方の場合は、和を意識して作られているアレンジメントも良いかもしれません。このように、受け取る方の好みやイメージに合わせたフラワー電報を探してみるのも良いものです。

生花には生花のメリットがあります。生きている花は、命のエネルギーを感じさせてくれますし、良い香りも楽しむことができます。またプリザーブドフラワーの場合は、長持ちすることはもちろん、花粉が気になることもありませんし、水やりなどの手間も不要です。良いと思う方を選んでください。